カテゴリー: 読書感想文

0

モモの読書感想文031〜『デューク』江國香織

デュークが死んだ。わたしのデュークが死んでしまった──。たまご料理と梨と落語が好きで、キスのうまい犬のデュークが死んだ翌日、乗った電車でわたしはハンサムな男の子にめぐりあった……。…。・・・飼っていた犬が死んでしまった次の日、アルバイトにでかけた「私」の不思議な一日を綴った物語。

0

モモの読書感想文030~『記憶の盆踊り』町田康

物語は主人公のひとり語りで進んでいきます。自宅に訪ねてきた、編集者だという美女。紆余曲折あり二人は女の止まっているホテルのバーへ飲みに行くことになる。ノンアルコールビールを頼んだはずなのに、いつのまにかウィスキーのグラスを手にしていることに気づく。・・・タイトルにもある「盆踊り」とは、死者を供養するための仏教行事。盆には死者が家に帰って来るという考え方から、頬被りをして人相を隠し、死者の生き返った姿に扮した人がその物語を演じたという。

0

モモの読書感想文028~ 『新釈 走れメロス』森見 登美彦

  こんばんは! モモです。   最近読み直したシリーズ。 もともと文庫で持っていたんだけれど、いつだったかの引っ越しで手放してしまったのでKindle版を買いなおしました。     『新釈 走れメロス 他四篇』 著:森見登美彦     ...

1

モモの読書感想文026〜 『絶望名人カフカの人生論』

  いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです     こんばんは。モモです。   さて今回の課題図書は、こちら。 『絶望名人カフカの人生論』 フランツ・カフカ 文庫: 267ページ 出版社: 新潮社 (2014/10/28) 言語: 日本語 ISB...

0

モモの読書感想文025~『答えのない世界に立ち向かう哲学講座ーAI・バイオサイエンス・資本主義の未来ー』

  こんばんは。モモです。   前回に引き続き、哲学シリーズ。   『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』 著:岡本裕一朗 ▶自動運転車が事故を起こしたら、誰が責任をとる? ▶私たちの雇用がAIに奪われた社会の姿とは? ▶ゲノム編集で天才を生み出すことは許される? ▶...

0

モモの読書感想文024〜 『ソクラテスの弁明』プラトン

  こんばんは。モモです。   坂を転がり落ちるように、毎日着実に寒くなりますね。秋の夜長というけれど、味わえる期間は短いな。   そんな今回の課題図書はこちら。 紙の本の長さ: 192 ページ 出版社: 光文社 (2012/9/20) 販売: 株式会社 光文社 言語...

0

モモの読書感想文023~『俵万智訳 みだれ髪』

  こんばんは! モモです。   今回の課題図書は、発売されたばかりのこちら。   単行本: 200ページ 出版社: 河出書房新社; 新装版 (2018/5/24) 言語: 日本語 ISBN-10: 4309026885 ISBN-13: 978-4309026886...

0

モモの読書感想文022~番外編:積読本をご紹介!

こんばんは。モモです。   マイペースに続けてきた「モモの読書感想文」も20回を超え、自己満足で書いている記事もちょこっとずつ読まれるようになってきたみたい。うれしいな。 前回の感想文はこちら。書いてて楽しくて、2,000字超えてしまった。。。   さて今日は、番外編として、私...