モモの読書感想文002後編~『鏡』村上春樹

momo

momo

都内在住の20代OL。日々のできごと、面白かった本などについて書いています。おうちごはんはインスタグラムにアップしています。フォローしてね(●^o^●) 夢はもの書きを仕事にすること、そして自分の本を出すこと!

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 畳三郎 より:

    我々という存在を規定するのは、我々がもつ可能性ではなく、我々がもつ不可能性である。
    我々の大方の苦悩は、あり得べき別の人生を夢想することから始まる。
    自分の可能性という当てにならないものに望みを託すことが諸悪の根元だ。
    今ここにある君以外、ほかの何者にもなれない自分を認めなくてはいけない。

    神様のボート気になってるのでそのうち読みます(●^o^●)

    • momo momo より:

      わあ(●^o^●)
      私の大好きな小津が出てくるアレですね!
      おぎやはぎの矢作さんのイメージだったのにノイタミナで妖怪にされてて不満でした。

      神様のボート、是非読んでください。感想教えてほしいです。

  1. 2016年7月18日

    […] モモの読書感想文002後編~『鏡』村上春樹http://blog.yukimomo.net/bookreport_002-2/ こんばんは。モモです。 一体誰に需要があるのかわからないこの読書感想文、めげずに書いていきます。 今回 […]

  2. 2016年7月18日

    […] モモの読書感想文002後編~『鏡』村上春樹http://blog.yukimomo.net/bookreport_002-2/ こんばんは。モモです。 一体誰に需要があるのかわからないこの読書感想文、めげずに書いていきます。 今回 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です